Top > 目の屈折率を変えて視力を回復させる

目の屈折率を変えて視力を回復させる

視力回復手術を行って、少しでも視力を回復させて毎日の生活が楽になるようにと願う人もいます。視力回復手術の方法である「レーシック」について少し紹介します。これから視力回復手術を受けてみようかなと思っている人は参考にしてみてください。
視力回復手術のレーシックというのは、レーザーを使って最先端の技術を駆使して行う視力回復手術のことを言います。目の屈折率を変えることで視力を回復させる手術になります。近視の場合、焦点を合わせる目のレンズのピントが合っていないことが原因で近視になります。
視力回復手術で目のレンズにレーザーを当てて、屈折率を変化させピントが合うように調節するのです。焦点が合いやすくなり視力も回復していくというのがレーシックの方法になります。極度の近視の人はあまり高い効果を得られませんが、ほとんどの確率で視力を回復させることが出来るようになります。
レーシックという視力回復手術を行うと、95%以上の人が1,0以上視力を回復させることが出来ます。しかし、手術方法や個人差も出てきますので必ず1,0以上回復するというものではありません。視力回復手術の効果はすぐに実感出来ますが、2週間ほどで安全な状態になり、1ヶ月程度で視力が安定するようになります。
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
目の屈折率を変えて視力を回復させる(2009年6月 6日)
合併症には注意が必要(2009年6月 6日)
手術を受ける前の注意(2009年6月 6日)
日帰りで受けられる手術(2009年6月 6日)
レーシック手術の方法(2009年6月 6日)