Top > 合併症には注意が必要

合併症には注意が必要

レーシックという視力回復手術は、手術時間も短く術後すぐに帰宅出来るというメリットもあります。手術は20分ほどで終了しますし、術後30分~1時間ほどできたくすることが出来ます。入院しなくても視力回復手術を受けることが出来るというのが、レーシックという視力回復手術の大きなメリットと言えるでしょう。
レーシックは簡単に行える視力回復手術として注目されていますが、いくつかの合併症も報告されていますので紹介します。まず光を見ると光の輪が見える「ハロー現象」というのがあります。光を見ると必要以上にまぶしく見えてしまう「グレア現象」というのもあります。
極度の近視でなければ、二つの症状は3ヶ月ほどで自然に回復していきます。視力回復手術を行う前には、合併症の心配があるのかどうか、きちんと確認しておくといいでしょう。視力の状態によって確率も変わってきますので確認しておくことが大切となります。
レーシックという視力回復手術を行った後は、まばたきの回数が減り目が乾燥しやすい状態になることがあります。知らないうちにドライアイの症状になっていたという例もあります。目が乾燥すると傷が付きやすくなりますので、ぼやけたり視界が悪くなるという症状が現れます。処方された目薬などは最後までしっかり使用するようにして、乾燥を防ぐようにしましょう。

 

 トゥルースリーパーで熟睡快眠  インターエデュ中学受験  スワップ金利で不労所得  
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
目の屈折率を変えて視力を回復させる(2009年6月 6日)
合併症には注意が必要(2009年6月 6日)
手術を受ける前の注意(2009年6月 6日)
日帰りで受けられる手術(2009年6月 6日)
レーシック手術の方法(2009年6月 6日)